2006年04月10日

29週6日 担当医の健診日&マタニティ・ブルーズ対策

今日は約2週間ぶりの健診で、早朝から出かけてまいりました。

最近の変化は、胎動が激しくなり、油断して猫背でいると、肋骨を蹴られて痛みを感じることも出てきました。食欲も前回と同様すごいです。苦手だった甘いものが食べたくて食べたくて、毎日コッテリしたチョコレートアイスクリームを頬張っております。

さて、今日の健診では・・・

BPD: 80.5mm(32w3d±3w)
FL:  53.1mm
APTD×TTD: 80.8mm×61.6mm=49.7cm2
赤ちゃん体重: 1462g(30w1d)

私の体重:+4.4g(妊娠前より)
子宮底長:26cm

☆先生のお話
-母子ともにすこぶる順調
-赤ちゃんの頭はいい位置にある
-前回の採血結果は特に大きな問題はなかった
-現在オリモノは問題ないようだけれど、もし多くなってきたら見せにくるように
-性別は女の子で確定(いつもは私に質問されてはじめて性別の話になるのですが、今日は先生の方からおっしゃってくださいました。はっきりと映ったらしいです)

さて、今日はずーーーーーっと気になっていたことを先生にぶつけてみました。
私には母方の親戚側に従姉妹が数人おります。そのうちの3人はすでに出産を経験していますが、3人が3人ともマタニティ・ブルーズでかなり深刻な病状になり、とても苦しみました。そのうちの1人は7年経った現在でも引きずっています。これらのことが起こると親族が総出でヘルプにあたってきたので、近くでみて、その大変さを分っているつもりです。だからこそ避けたい・・・・。

そして今回は私が妊娠。最初は「不妊治療までして授かったのだからまさか私が」と思っていたし、現在の私は心身ともに本当に元気一杯。
しかし、元来神経質なところがあるし、考えすぎる嫌いがあります。なので、こういったことも遺伝するようならば、自分の意志だけでは逆らえないのではないかと頭に引っ掛かっていました。
特に今回私は、出産後に里帰りできず、主人も出張がちだし、実両親にもあまり頼れず(二人とも体調が良くない)、従姉妹たちよりも環境的には厳しそうです。

☆質疑応答
Q. (上記のことを簡潔に述べ)マタニティブルーズは遺伝するものなのか。
これを避けるために妊娠中からできることはないのか?

A. 遺伝はしない。
妊娠中からできることは、2つある。
@ 経産婦の親しい友人や先輩、母親にこの状況や不安を今から述べて、産後に気分が落ち込んだ時や心配事が発生した時は、速やかに話しを聞いてもらえる環境を作っておく
A 助産師など妊婦・新生児に関するプロの人で、産後に「いつでも、すぐに」相談できる人を必ず確保する。赤ちゃんのことで不安・心配を重ね、それがきっかけで鬱になってしまう場合があるので、そこを「具体的に解決でき、疑問に適確に答えられる人」を1人見つけておく

次回からの助産婦健診では、助産師を絞ってあげるので、自分が気の合うと思える人を見つけなさい(通常は空いている助産師がランダムに担当する)。自分(担当医)にその名前を伝えてくれたら、産前・産後フォローをしてもらえるようにこちらも働きかけるので、これからの2ヶ月で、その人と信頼関係を築きなさい。

以上。

先生に思い切って相談してみてよかったと思いました。
高齢出産なだけに年のいった両親に頼ることができず、不安がありました。心配しすぎなんでしょうが、ま、これで1つ不安をクリアできたので良しとします。産後の環境を今からできるだけ整えようと思います。

次回の健診は、
助産師健診・・・4/24(月)
担当医健診・・・5/15(月)

です。よーし、それまでがんばるぞー!
赤ちゃん、一緒に成長しようね。
【関連する記事】
posted by りん♪ at 21:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 妊娠8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんさん、こんばんは♪♪
ベビちゃんも順調にスクスク育っていて本当嬉しいですよね!!女の子と確定されたら、カワイイベビー服買いの楽しみもまたまた増えましたねー!!

マタニティブルーズ・・・初めての経験なのでどうなるか分からないけれど、ワンコを飼った時も躾が上手くいかずに軽い育犬ノイローゼになりそうだったし、妊娠初期にも情緒不安定になったり、元々一喜一憂しやすい性格だし、変なところで神経質だったりする事もあるので、私も対策練っておかないといけないなー。
私は自分の産後の肥立ちも心配ですぅ・・・。
でも、待ちに待ったベビちゃんに会えるのは楽しみ♪ですよね!!辛い時は、KLCでの治療の時を思い出すようにします!!

りんさんは里帰りされないのですね。
産後の食事のサポート(宅配など)や地域サポートみたいなものもあるらしいので今から調べておくのもいいかもしれませんね。私も両親が帰ったら、主人には期待出来ないし、身近にお世話してくれる人もいないのでお願いしようと思っています。

ところで、私も今は甘いものブームです。
ミスドのドーナッツだったり、ハーゲンダッツのココナッツサンドや抹茶黒蜜サンドかチーズケーキ味がたまらなく体から欲しております・・・で、前回尿糖が出ちゃいました(涙)。
Posted by けみたま at 2006年04月11日 00:20
りんさん おはようございます!
BABYちゃん大きくなりましたね!胎動もしっかりあるし安心です。
マタニティブルーズ心配ですね・・・でもそういった遺伝先生がないって、おっしゃってるんだから大丈夫です。それに早めに先手打っておくんだし大丈夫。
うちなんて反対で従姉妹たちは、子沢山で3人〜4人くらいバンバン産んでるのに 遺伝してないよ。大丈夫。
苦手だったものが好きになるのは お腹の中にいる子が好きらしいと聞きました。
知り合いが辛いものが嫌いなのに妊娠中辛いものが欲しくて仕方なかったんだって ”わさび”食べてたらしい。
そしたら 産まれて来た子が、辛いもの大好きで”わさび”見ると食べるらしいです。
りんさんの お腹の中の子は 甘いものが好きな子なのかな?(*^-^*)
うちは焼肉食べると 妙にポンポコするんです。
かなりの焼肉好きの子のようです(^^;

Posted by まる at 2006年04月11日 10:06
もうすぐ1.5kg!もうお肉では想像できなくなってきましたね♪
結局、同じ時期の性別確定になりましたね(^∇^)
着々と出産への不安を減らしていっててえらい!
私も里帰りしない・実母はあまりあてにできない・ダンナ帰り遅い、
なので、煮詰まり注意報でてます・・・。
旦那との意識差とかは友達にぐちったりでなんとかなりそうですが、
プロの相談相手!これは重要そうですね。
母親世代に聞くのではかえって混乱させられそう、とも思ってたんですよ。
うちの産院は出産まで助産師さんと接する機会が少ないので不安だな〜。
今度バースプラン出す時に私も話してみようと思います!
Posted by まき at 2006年04月11日 18:15
文章からして元気な様で安心しました。
不安も解消されて赤ちゃんも元気だしりんさんも順調そうで言う事なしですね♪

マタニティーブルーズは心配ですが解消の方法が分かって一安心ですね。それに気の合う助産師さんとめぐり合えるといいですね〜
私も実は心配なんです。転勤で引越ししてきた時に眠れなくなった時期があって調べてみたら軽症うつの症状にピッタリでビックリした事があります。
その時はガンとして病院行かないで治す!と思ってたんですけど。
里帰りから戻ってきたら上手く友人に連絡とって回避しないといけないですね。
私も明日は検診です。1キロ越えしてるといいのですが。どうかしら〜?
Posted by yui at 2006年04月11日 23:26
◆けみたまさん◆

お返事が遅くなってすみませんでしたー!やっと復活いたしました。
マタニティブルーズについては、遺伝以外でも自分の中にそういった要素があるのを感じていたのでずっと不安に思っていたんだ。
けみたまさんも、ワンちゃんのしつけで大変だったことがあるんだね。生き物を育てるという経験をしたことがあるのなら、それが出産後は役立つような気がするなー。

けみたまさんはご両親が来てくれるんだよね。心強いね!!出産後にゆっくりと体を休めることは、その後の肉体・精神的な回復に重要と聞くから、絶対にいいと思うー!
私も産後のことを考えて、ケータリングや家事代行など調べたり、はじめたりしているんだ。もし、何かいいものを見つけたらぜひ記事にしてねー
Posted by りん♪ at 2006年04月22日 09:20
◆まるさん◆

お返事が遅くなってすみませんでした!やっと復活いたしました。
「わさび」の話、びっくりー!わさびなんて、大人になってしか食べられないものかと思っていました。
実は、うちの主人は甘い物好き。すでに彼の血が流れているのかもしれないですね。。。
まるさんは焼肉なんですね。妊娠前はあまり食べなかったのに、でしょうか?ふふ、もしやご主人も好きなのかな?

マタニティーブルーズが遺伝しないといいのですが・・・。先生のおっしゃったことを信じて、気負いすぎず、考えすぎず、がんばってみようと思います!
Posted by りん♪ at 2006年04月22日 09:27
◆まきさん◆

お返事遅くなってすみませんでした!無事に復活いたしました。

>里帰りしない・実母はあまりあてにできない・ダンナ帰り遅い
これ、私もまったく一緒なの〜〜!私の場合、高齢だし、体力もないし、、、、不安は否めないんだわよね。
私の担当医が言っていたけれど、母親世代とは子育ての方法論が違ってきてるから、第三者に最新事情を聞くのが一番平和的解決になるらしいよ。まきさんも、バースプランのときに助産師さんのことぜひ聞いてみてね。ヘルプラインがあるだけでも、精神的に安心できるものね。
まきさん、お互い不安はあるけれど、一緒にがんばりましょうね!!お話し相手、こちらのほうこそお願いしたいです。
Posted by りん♪ at 2006年04月22日 09:36
◆yuiさん◆

お返事遅くなってすみませんでした!やっと復活できました!!
マタニティブルーズやプチ欝って、風邪と同じぐらいかかる可能性があると聞きますもの。yuiさんもそんな心配をされたことがあったのですね。でも、現在のお住まいの近くでプレママ友達ができて本当によかったですね。そういう方々は微妙な状況を理解してくれるでしょうから、いざというときは頼れるんじゃないかな。それに、ブログもあるし!!
あとでブログに遊びにいきますね〜☆
Posted by りん at 2006年04月22日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。