2006年05月10日

34週1日 担当医健診 そろそろ?どきどき。

皆様、GWはいかがお過ごしでしたか。

私は4月末あたりから体調に変化があり、なんとなく不安に過ごしていました。まとめてみますと、

◎朝から体全体がむくむ
◎鼻血がでる、口の中に血豆がいくつもできる
◎おりもの増加(最低でも1日4回オリモノシートを取り替えるくらい)と外陰部に熱がありかゆみがある感じ
◎少し体を動かすだけでもお腹が張る

が主なものでした。
そして、昨日からますますおりものが増えて、外陰部が熱をもった感じがしたので、カンジダかと思い、担当医健診を繰り上げて、今朝行ってまいりました。

まずはNST(ノン・ストレス・テスト)を30分ほど行いましたが、助産師さんより「赤ちゃんが34週にしてはかなり下がってきている。お腹の張りがひどいのもそれが原因かも」と言われました。その検査結果を持って担当医の診察へ。。。

☆先生のお話
-赤ちゃんは順調、NSTの結果、かなり活発に動く赤ちゃんである
-BPD: 82.1mm(33w0d±3w)
-FL: 61.7mm(33w5d)
-APTD×TTD=73.1mm(33w5d)
-体重:2136g(33w5d)
-私の体重: 妊娠前から7.2キロ増

-頸管縫縮術の抜糸時期は36週目(5/23〜29)に一泊入院で行う。5/24に診察をし、日程を確定する。お腹がかなり重くなってきているので(張りもあり、下がってきているので)そろそろかな。
-赤ちゃんも順調なのでいつ生まれてきても、もう大丈夫。出産準備を万全にしておくこと
-おりものについては、この時期にこの量は問題なし。カンジダではない。
出産時期が近づき、赤ちゃんが下りてくると、外陰部が充血しやすくなるので、熱をもったりおりものが多くなったりする。
-便秘薬を引き続き出しておく
-出産までにソフロロジーのCDを貸すので、毎晩寝る前に聞くこと。
-おっぱい検査の結果、左右それぞれ4つほど乳腺が開いているので、そろそろ張りを気にせず乳首マッサージを始めること。(マッサージ方法:乳首の根元を引っ張り上げ、絞り上げる。それを四方八方から行う)
-ついにここまでたどり着いたか、といった感じですね。本当に今までよくがんばったね 

☆助産師さんとの質疑応答
Q. 最近赤ちゃんの胎動で気になるのが、左の脇腹と右の脇腹を同時に蹴られる時がある(それも両方ともかなり背中に近いところ)。こんなに足が長いわけないし、奇形ではないか?
A. この時期の赤ちゃんはまだホッソリしているものの、身長はもう大きくなっている。だから足を目一杯伸ばせば、そんな胎動になるはず。心配ない。

Q.抜糸をすると、どれくらいで生まれてくるのか?
A.個人差があるが、抜糸当日に陣痛というのは珍しい。でも赤ちゃんが下がってきていて、頸部が短ければ、早く生まれる可能性は大きい

以上

今日、担当医と話をして、しみじみと「そろそろかな?」とか、「今までよくがんばったね」と労いを言われました。その言葉に戸惑いました。抜糸をすればすぐに生まれるかも、とは思っていましたが、やはり予定日があるし、赤ちゃんもまだそんなに育っていないし、出来るだけお腹のなかに留めておくようにするのだろうと考えていました。だから軽い気持ちで診察に行ったのだけれど、本当にもうすぐ出産なんだと思い知らされた感じでしょうか。
抜糸も2週間後には行うようで、そうなるといつ生まれても問題ないそうです。ソフロロジーのCDは病院がこの時期の患者さん全員に貸し出すものらしく、今日は全て出払っていたので、来週にも再度取りに行くことになりました。どんなものだろう?手に入れたら、またご報告いたしますね。

ほとんどの赤ちゃん用品をGW中に揃えましたが、ベッド、寝具、チャイルドシートは未購入です。今週中に買いに行きます。

いよいよだなぁ〜と思うと、不安と楽しみで複雑な、涙が出てきそうな気分です。でも、今こそがんばり時ですよね。

次回の診察は5月24日(水)です。
 
posted by りん♪ at 17:34| Comment(15) | TrackBack(0) | 妊娠9ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんさん、お久しぶりです♪♪
もう34週目に入られたのですね!!
昨日、母親学級に行ったら、35、6週なら大丈夫!って仰ってました。
赤ちゃんも2キロ超えだし、あとはのんびり赤ちゃん誕生を待つのみですね!!

りんさんとはKLCで悲しく辛い思いをしてから、妊娠しても不安な日々を過ごし、楽しい事もあったけれど、張りを感じる日々も一緒に過ごしたような気がするので私まで感慨深いです(感涙)。

いよいよ待望の赤ちゃんに会える日が近いのですね。
それまではお腹の中で一緒に過ごす赤ちゃんを思いながら、残り少ないマタニティライフを楽しんで下さいね!!
Posted by けみたま at 2006年05月10日 20:46
BABYちゃん2キロ超えましたね〜よく動くってことで元気そうで安心ですね(*^-^*)
いよいよって感じですね〜♪
抜糸すれば すぐ生まれる場合もってことは・・・
りんさんの方が早く生まれるかもしれませんね!
なんか緊張してきます(><
ほんとイヨイヨ待望のMy赤ちゃんに会える☆
そう思うと 込み上げてくるものありますよね〜
お腹が張ると辛いですよね〜でもあと少しなんで乗り切っていきましょう! 
早く買ったお洋服着せたりしたいですね ムフ(//∇//)
Posted by まる at 2006年05月11日 11:35
りんさん、ほんとにいよいよ本番?が迫ってきてますね。
ゆったりとその日を迎えていただきたいです。

それにしても、りんさんはご自分の状況をいつもキチンと把握されていて凄いなと感心しています。
それが治療方法を模索しつつも納得して進められた要因かなと。
(私が振り返ってしまいました 笑)

私はまだいつMy赤ちゃんに会えるか分かりませんが、りんさんの心構えを見習って諦めず治療がんばろーと思います。(*^_^*)

あと少しですね、応援してます!!
Posted by さくら at 2006年05月11日 12:49
2`超えおめでとうございます〜!
ますますあと少しという所に来ている感じですね。
体調の変化も出産に向けて少しずつ変化しているみたいだし。
私も逆子が直ってから普通の胎動に変わりましたが、りんさんが言う様にこんな所まで足が来るの?と疑ってしまうぐらい激しい時もあります。
よじれて背中の方までいきそうなぐらい。
りんさんの質疑聞いて良かったです!生まれてきたらすごい暴れん坊なのかしら?ちょっと心配ですが元気なのは何よりですね。
最後のベビちゃんのお買い物楽しんでくださいね!
Posted by yui at 2006年05月11日 21:23
りんさん、こんばんは。
不安なことだらけだったけど、どれも問題ないとのことで、本当によかったですね。
一歩一歩出産の日に近づいていってるのですね。
私にはまだまだわからないことだらけですが、
いつかそうなる日を夢見て、そうなったときにはこのりんさんのブログを見て勉強しよう!って思いながら、
しみじみと読ませていただきました。
不安と楽しみで複雑な、涙が出てきそうな気分・・・
とのこと。何だかこの言葉にじ〜んとなってしまいました。
おなかの赤ちゃんと今の時間をゆーたりと過ごしてくださいね。
Posted by CHERRY at 2006年05月11日 22:25
ひぁーん、ほんとに迫ってきたって感じですね!
りんさんは6月初旬の出産になりそうかな?
赤ちゃんもめちゃ元気で体重もしっかりありそうだし、あとは
りんさん&赤ちゃんの出産コラボですね♪
赤ちゃんがさがってきて起こる体調変化はメモメモさせて
いただきました!
しかし、お医者さんのねぎらいの一言って、うれしいですね。
そういう配慮って頑張るもとになりますね。
Posted by まき at 2006年05月12日 00:52
うわぁぁぁぁ☆☆
赤ちゃん2000g越えですか!!
ほんとにいよいよですね!!!!

ずっとブログをとおしてりんさんのがんばっている様子を見てきたのでほんとに感慨深いです。
ちょっと先に出産という大仕事がありますが、とりあえず、ここまでほんとにおつかれさまでした☆

ところで私もりんさんの通っている病院に転院しようと考えています。NICUがあって、助産師さんもしっかりしている、ということで♪
ところで担当の先生というのは指名したりできるものなのでしょうか??(←体調きつかったら返事いらないですよ!!)
Posted by ジャスミン at 2006年05月12日 12:19
◆けみたまさん◆

ついに出産が近づいてきたみたいです。。。
>昨日、母親学級に行ったら、35、6週なら大丈夫!って仰ってました

よかったー。私、早く生むのはいかがなものだろうと心配だったの。でもけみたまさんの病院でも大丈夫と言っているのであれば、安心です〜〜!!

あのKLCでのこと、けみたまさんと初めて共通の悲しい話題で話をして情報交換し、励ましあったこと、私も決して忘れないです。
この1ヶ月以内は、夢を実現するための最後の踏ん張りどころになりそうです。思わず体に力が入りますが、のんびりと、先のことをあまり憂うことなく、その日を迎えたいと思います。うー、頑張りますね!!
けみたまさんもお腹が張りやすいようなので、お体を大切にしてね。またブログに遊びに行きますー
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 13:40
◆まるさん◆

まるさ〜ん、覚悟はしていましたが、予想より早い出産をほのめかされて、少し複雑な気分でおります。お腹の出っ張りの位置もかなり下がってきて、時々生理痛のような鈍い痛みがくることもあるんです。2000グラムを超えたくらいで産んで良いのか不安になりますが、運を天に任せるしかないと強制的に考えるようにしました。
今は、赤ちゃん用クローゼットにかけてある、小さな小さなピンクの洋服たちを見て癒されています♪
まるさんと同じぐらいに産まれたらいいなー。ここまできたら、頑張るしかないですよねっ!!
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 13:54
◆さくらさん◆

そんな風に私のことを振り返ってくださって、本当にありがとうございます。元来の私の性格は「猪突猛進」なのですが、最後の最後で力が入りすぎて怯んでしまうところがあります。さくらさんのおっしゃるように、「ゆったりと」その日を迎えたいと思います。

さくらさんが心の葛藤と戦いながらも頑張って治療を進めている姿をみて、逆に私は励まされています。さくらさん、本当によく頑張っているもの。陰ながらいつも応援しています!!
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 14:07
◆yuiさん◆

こんにちは!逆子が治って本当によかったね〜〜!!自然分娩は痛みがどんなものか不安だけれど、やはり経験してみたい気持ちもありますよね。
yuiさんの胎動も激しく背中側までいくんだね。ふふ、ほっとしました。生まれてきたらどんなふうに動くのか見てみたいです。
本当にもうすぐになってきました。早く産まれてしまうことに不安はあるけれど、今は出来るだけ気持ちを落ち着けていられるようにしようと思います。最後のお買い物、楽しんで参りますね♪
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 14:14
◆CHERRYさん◆

複雑な気持ちを分かってくださって、ありがとうございます!なんだか最近気持ちが高ぶっているのか、気持ちの波が大きくなっている気がします。

最近不妊治療のことをよく思い出すのですが、KLCに通ってよかったと思うんです。私は2回しかIVFをやっていないけれど、病院の情報収集だけはかなりやったつもりですし、技術と研究はすごいと思いました。CHERRYさんもこれだけ努力されているのですから、神様は必ず見ていてくれると思います。
またブログに遊びに行きますね〜
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 14:22
◆まきさ〜ん◆

体調の変化が著しい今日この頃です。ついに来るのか?って実感してまいりました。
お腹が張っていないのに、硬くなってきたし、お腹の出っ張りも下に下がってきました。それに少々動くだけでお腹が張るからか疲労感がすごいんです。個人差があるかもしれないけれど、それがこの1週間ぐらいの体調変化です。
なんかドキドキしてきますが、これのために今まで4年間も頑張ってきたのだと思うと、腹のくくり時だ!と自分に発破かけてます。
担当医の労い、涙が出そうでした。先生のこういう一言が、私に頑張る馬力を与えてくれます。
でも私、まきさんの先生も好きなの。なんかとてもおおらかで、いいなって思っているんだ。
ところで私の通っている病院はまきさんの仰るとおりのN病院。あの満月の出産に関してですが、通常の20%増しになるそうです。「科学的証拠はないけど実際の結果」と断った上で、表示されていました。
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 14:31
◆ジャスミンさん◆

その後体調はいかがですか?
転院先ですが、同じ病院を考えていらっしゃるなんてとてもうれしいっ!
病院の先生は患者から指名できるみたい。私の場合は腫瘍があるからS産科部長以外はだめと言われてきたのですが、他の人たちは気に入った先生がいると、その先生で予約を取るようにしているらしいよ。
助産師さんもかなりいいです!産科にいる看護士さんは(入院時も診察時も)全て助産師さんなので、どんな質問にも的確な返事がすぐに返ってくるし、安心です。
逆にこの病院のデメリットは2つあって、超音波器具が古くて流行の3Dや4Dなどの写真はとってくれないし、ビデオなどにおさめてもらうこともできないこと。それから、6ヶ月〜8ヶ月には助産師の健診はあるものの、医師の診察が1回しかないこと。臨月になっても医師は2週間に一度しか診てくれないなど、かなり放任的です。だから不安に感じることもあるかもしれません。ただ、調子が悪いときはいつでも診て貰えるから心配はないけれどね☆
人気の先生を担当医にした場合、待ち時間が長いので、コツは、朝一番の診察を予約することだと思います。私はこれで毎回30分くらいしか待たないで診察してもらっているの。
NICUはかなり充実しているみたいで、私もKLCの先生に薦められました。ここは新生児ICUもあるけれど、母体センターといって母体に何かあってもそれ専門の治療がばっちりできるようなので、私も安心して任せています。
長くなっちゃったけれど、こんな感じかな?この病院のことなら、私のわかる範囲で情報を差し上げるので何でも聞いてくださいね!お役に立てたらうれしいです♪
Posted by りん♪ at 2006年05月14日 14:44
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17628895

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。