2006年06月23日

出産しました!

皆さん、あったかい応援を言葉に託して頂きありがとうございました。やりきれず感情が高まっていたため泣きながら読みました。本当に本当にありがとうございました。
無事長女を出産することができました。3000g強のダーリン似です。
前回の記事に書いた陣痛促進剤を19日、20日と続け、結局5日間行いました。最終日は私の体力がもたないということで、軽い痛み止めを2度打ちながらの強行突破。しかし赤ちゃんがうまく頭を回旋することができず、吸引の力を借りた出産となりました。
ヘソの緒を切った直後の感動なはずのカンガルーケア。しかしほんの1分ぐらい経った時に胸に動悸が走りました。感動で胸一杯!とはちょっと違う変な感じ。それを言うと医師が大きな声で何か叫んでる。出産時の最高血圧が198だったのが1分後に78に乱高下。
医師や助産師のドタバタが始まった途端に今度は2リットルの大量出血。結局は6種類の輸血をすることになり、それが功を奏して、今は元気に回復しました。久々に一般病棟でのんびりしています。S担当医もさすがにこの回復力には驚いたらしく毎日称賛の言葉を浴びせてくれます。
そんな形で私の出産は終わりました。
今まで長い間応援してくださった皆様に心からお礼を言いたいです。でも今はまだ点滴で頭が100パーセントはっきりしていないので、敢えて次回退院後にさせていただきます。皆さんのブログに遊びに行くのも待ち遠しくてたまりません!
posted by りん♪ at 02:08| Comment(39) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

まだ産まれませーん!妊娠高血圧症は恐い

皆さん、前回の記事へコメントをありがとうございました。一つ一つじっくり読みました。お返事を書けないので携帯から近況をご報告いたします。
結論から言うと、今月8日に入院するもいまだに出産できていませーん。妊娠高血圧症が原因でしたが他の問題も出てきて厄介な状態になっています。
まずは入院初日の晩に担当医が部屋にきて今の状態についての説明を受けました。先生の言いたいことは『今日の検査結果が良くなく、妊娠状態を中止したい』とのこと。赤ちゃんは元気なのが救いでした。検査で悪かったのは、血小板、尿酸値、尿蛋白、血圧の値だそうです。血小板は標準値15万〜35万だそうですが、私の場合10万以下。これは血液が凝固しやすいという意味で、胎盤への血流も凝固してしまうということ。色々説明は受けたものの、妊娠状態を中止したいという言葉を聞いてから頭は真っ白になってしまいました。要は、赤ちゃんは元気だけど、母体は妊娠を継続するには限界で、今は元気だけどこのままいくと3日後にはベットから起き上がれなくなる可能性があるとのこと。これは当たっていて、2日後からはトイレに立つだけで精一杯。ぐったりとして寝続けました。
その後一応陣痛を待とうということになり、14日(水)には痛〜いのがやってきました!ここに至るまでに日々、血小板が数万単位で減少していったため、翌日から補助的に陣痛促進剤を打つことになりました。しかし翌15日朝、原因不明の38度超の高熱と血中に炎症反応が出て、急遽、集中治療室に移り様子を見ることに。
そして16〜18日の3日間を2種類の点滴の促進剤を使いました。(一つは子宮の上部から収縮をかけるもの、二つ目は子宮口を開きやすくするもの。これを日によって使い分ける)こうして陣痛を促すも、点滴をやめると陣痛が遠退いてしまう。促進剤は一本を7時間ほど掛けて点滴しました。16日夜には高位破水が起こりチョロチョロと羊水が流れはじめました。しかし自然な陣痛にはつながりません。昨晩は促進剤点滴中に陣痛が4分間隔になり分娩室にまで入りましたが、子宮口が6センチしか開かないので部屋に戻りました。血圧も上が170近くまで上がっていたので仕方がないと思います。部屋に帰って自分の腑甲斐なさに久々に一人泣きました。それでも赤ちゃんが元気でいてくれることが唯一の救いです。普通はここまで母体が弱いと赤ちゃんも居心地悪くて出てこようとするそうです。でもまだ元気にお腹にいるのは生命力がものすごく強いから。本当かな?眉唾ものですが、そういって先生は励ましてくれます。
今日は促進剤をお休みしたので、明日は再開するそうです。こんな状況と、痛みと、集中治療室にお世話になり続けている現実が辛くて挫けそうだけど、目の前にあることに立ち向かうしかなさそうです。神様は、乗り越えられない試練は与えないという言葉を信じてー。
posted by りん♪ at 21:18| Comment(24) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

38週1日 助産師健診・・入院決定

先週から、今か今かと待ち続けた陣痛ですが、いまだにきちんとやってきませんで、今日まで自宅待機をしておりましたふらふら 

先週末は主人と一日6時間ほどの散歩をしたり、かなり体を動かしました。夜になるとお腹が下がってきている気がするのですが、赤ちゃんが一生懸命上に登ってこようとして「逆クロール」しているみたいに手をかいている胎動をするんです。。。これ、気のせいかな(笑)。

続きを読む
posted by りん♪ at 15:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

37週1日 担当医の診察

一昨日から、実母が泊まりにきてくれていました。ダーリンが海外出張だったので心配してくれたようです。老体に鞭打って家事を手伝ってくれる姿を見て、涙が出そうでした。

さて、今日はS担当医の診察でした。

続きを読む
posted by りん♪ at 17:30| Comment(17) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

まだ陣痛は来ず・・・

皆さん、激励をありがとうございました!!!
でも、まだ出産には至っておりませんー。
自宅で陣痛待機しているところです。

金曜日の「おしるし」らしきものが出た後、50〜60分に1回、生理痛のような痛みが襲ってきていましたが、夜中にはそれがなくなってしまいました。これが前駆陣痛ってやつでしょうか。

助産師さんに電話で確認したところ、

-抜糸後の出血ではなく、おしるしの可能性が高い
-できれば5/31(水)までは出産しないでお腹にとどめておくほうがよさそう。それまではあまり動かないように(5/31で37週。その前の出産だと「早産」と書かれるそうです)
-6/1からは散歩をして出産準備にかかってOK
-5〜6分間隔の陣痛がきたら病院へ来るように
-5/31(水)にS担当医の診断を受けるように

以上でした。

現在の体調は、
-生理の時にあった腰痛が出てきた
-茶色のオリモノが少量出続けている
-鈍い腹痛はあるものの、下痢になったので、陣痛なのか下痢の痛みなのかわからない。痛みは不定期。

明日の診察で状況がわかるかな?
またご報告させていただきます!



posted by りん♪ at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

頸管縫縮術の抜糸、退院、そしておしるし?

皆さん、激励をありがとうございました!
今回は一泊入院ということもあり、誰の付き添いもなく一人でした。だからこそ、皆さんのお言葉がどんなに心強かったかー。病室から携帯を通して読ませていただきました。ありがとうございます。

さて、頸管縫縮術の抜糸は以下のように行われました。

続きを読む
posted by りん♪ at 16:37| Comment(18) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

36週1日 助産師健診と抜糸日程

今朝は助産師健診。ついに臨月です。
今日は頸管縫縮術のときに縛ったところの抜糸予定を聞ける日。前回の診察では36週中に行うということだったのですが、主人にどーしても外せない海外出張が入ってしまったので、6月1日(37週2日)あたりにしてもらえないかと交渉するつもりで、診察へ向かいました。

続きを読む
posted by りん♪ at 12:22| Comment(15) | TrackBack(0) | 妊娠10ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。